安価なスマートウォッチの精度を検証

安価なスマートウォッチの精度を検証

歩数、消費カロリー、走行距離、心拍数などを計測できるスマートウォッチ。
価格(3680円)も安いので下記を購入してみました。


2018最新版 スマートウォッチ Wrcibo スマートブレスレット

スマートウォッチの精度を検証


スポンサーリンク

今回はスポーツジムのトレッドミルで走り、このスマートウォッチとトレッドミルに表示される距離、消費カロリーの誤差を検証してみました。

ランニング距離 消費カロリー
トレッドミル 7km 500カロリー
スマートウォッチ 6km 250カロリー

距離、消費カロリー共にスマートウォッチの方が少なくなりました。
消費カロリーは2倍と言うなかなかの誤差(>_<)。

「振り子式」と「3D加速度センサー式」

調べるみると歩数の計測方法には「振り子式」と「3D加速度センサー式」があるようで安価な振り子式は誤差がでるようです。消費カロリーの大きな誤差は、歩数から割り出しているため、今回トレッドミルの傾斜を3%で走っていることがスマートウォッチでは把握していないのではないかと思います。こんな感じなので。安価なスマートウォッチの場合、誤差が把握しておけばそれなりの屋外トレーニングができますね。

加速度センサー式スマートウォッチ

下記のスマートウォッチならかなりの精度のようです。

Fitbit フィットビット 活動量計 Charge2

Fitbit フィットビット フィットネストラッカー Charge3

 

●トレーニング最新情報(関連ブログ)はこちらへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ  

スポンサードリンク

トレーニング器具カテゴリの最新記事