1. HOME
  2. 食事管理
  3. PFCバランス
  4. 今日からPFCバランスを考えた食事管理をすることにしました。(PFCバランス自動計算)
PFCバランス
PFCバランスの一日の摂取量計算

今日からPFCバランスを考えた食事管理をすることにしました。(PFCバランス自動計算)

これまでは糖質制限をしてきましたが、これからはPFCバランスを考えた食事管理を実施してみようと思います。PFCとは(P)タンパク質、(F)脂質、(C)炭水化物の三大栄養素です。PFCバランスはこれらを考えた食事管理となります。


AD

糖質制限からPFCバランスへ変更しようと思ったきっかけは、糖質制限は極端に炭水化物の摂取を減らすことで逆に脂質の摂取量があがったりと栄養バランスが悪くなるからです。とりあえずは2週間程度実施(~3/16頃まで)して体の変化を見たいと思います。

測定日 体重 体脂肪率
3/9 64.8kg 12.6%

下記はPFCバランスの自動計算フォームです。
これを使用することで一日に必要なたんぱく質、脂質、炭水化物の量を把握することができます。標準、ダイエット、増量とそれぞれの目的にあわせた指数をいれていますのでPFCバランスを考えたダイエットや増量計画中の方は参考にしてください。

使い方

  1. 標準・ダイエット・増量のそれぞれの目的のタブを開きます。
  2. 体重kgとPFCバランスの比率(標準なら2:2:6)を入力します。
  3. あとはPFCの1日に必要な摂取量を守って実施をしてください。
ダイエット、体型維持、トレーニングをしているはこちら
ダイエット、体型維持、トレーニングをしているはこちら

体重・体脂肪率の変化

2024年2月からのトレーニング日記 はこちら

●トレーニング最新情報(関連ブログ)はこちらへ

 

AD

ここに記載しています肉体改造トレーニングは、体脂肪を減らし筋力を増やすための動ける身体作りです。
●現在実施しているトレーニング(2024.2~)
)体脂肪を減らし筋量をあげる計画7はこちら
●体組成測定推移7
日々の体重、体脂肪率、筋量の変化(一覧)はこちら

★自分のFFMIとBMIを知る

FFMIとは自分の筋肉指数です。 BMIとは人の肥満度を表す指数です。 PFCとはタンパク質、脂質、炭水化物の頭文字をとった食生活において理想バランスです。

プロフィール

このブログはたんなるマッチョになるためのものではなく40代~50代になっても動ける身体作りを目指すブログです。
また本業はクリエイターで、ボクシング、トレーニングを昔からやっています。 本業でもオリンピック関係の仕事をはじめ、トレーニングジム、ボクシングジム、格闘技ジム、理学療法士、柔道整復師、アスレチックトレーナーさんなどの身体に関する仕事(ウェブ・広告制作)を多数させていただいています。

記事一覧

カテゴリー

AD