糖質制限しなくても体重、体脂肪率は維持できる(33日間の結果)

糖質制限しなくても体重、体脂肪率は維持できる(33日間の結果)

今回のブログは、3/9に糖質制限をやめてから3/11~4/12(33日間)までPFCバランスの食事管理をした検証結果です。自分の身体で実践してみるといろいろなことがわかりました。

結果から書くと過度な糖質制限しなくてもダイエットは成功できる!

僕が糖質制限をしていた最終日(3/9)の体組成測定は体重64.8kg、体脂肪率12.6%でした。そこからの33日間はPFCバランスでの食事管理をした体組成測定の平均値が下記になります。


AD

2021年3月11日~4月12日(33日間)

 
 
炭水化物を1日平均259g摂っているのに、体重・体脂肪率は33日経過してもほとんど変わっていません。

この期間の3/25~3/28の4日間などは炭水化物の摂取量は毎日300gオーバー(平均346g)の暴食をしています。しかし結果的には平均値は糖質制限中を下回っています。暴食した4日は体重、体脂肪率は上昇しましたので、もし、この暴食期間が無ければ、さらに糖質制限中だった頃より体脂肪率は下回っていると思います。

体重の上昇は3/28の体組成測定推移を確認してください

炭水化物378グラムはどんな内容か

ちなみに暴食したと書いた3/27に食べたものは下記です。一日の総摂取カロリー3761kcal、炭水化物は378グラムでした。

朝食

  • ミートソース
  • グラタン(小)
  • ゆで卵
  • コーラ(カロリーゼロ)
  • プロティン

昼食

  • シリアル(大豆)
  • 牛乳(プレミル)
  • 焼き鳥2本
  • 大福1個

夕食

  • 焼肉
  • ご飯(茶碗一杯)
  • フルーツ
  • ケーキ(モンブラン)
  • コーラ(カロリーゼロ)
  • プロティン

間食

  • ポテトチップス
  • ミックスナッツ

大福、フルーツ、ケーキ、ポテチ、ミックスナッツなど、これを食事以外に毎日食べていたら多分太ると思います。

PFCバランスの食事管理にして感じたこと

    1. チートディを作った糖質制限はよほど意思が強くない限りリバンドしやすい。
    2. PFCバランスで計算した食事管理をしていれば、体重も体脂肪率も落とすことや維持することができる。
    3. 1日だけの暴飲暴食なら体の変化はほぼないが、暴飲暴食が3日以上続くと体重、体脂肪率は上昇する。正月太りとはよく言ったものです。
    4. 暴飲暴食した翌日から摂取カロリーを減らしたり、トレーニング量を増やすなどの帳尻をあわすことで体重、体脂肪率はすぐに戻せる。
    5. 暴飲暴食さえしなければ、毎日同じタイミングで体重をはかると体重はほぼ変わらない。
    6. 筋トレと有酸素運動(心拍数をあまりあげない程度の有酸素運動)は、筋トレのほうが筋肉を維持しつつ体脂肪を減らすことができる。
    7. 但し、筋トレだけしていてもスポーツのパフォーマンスはあがらない。
    8. 太りたかったから、とにかく毎日食うしかない。
    9. 痩せたかったら、1日の摂取カロリー(炭水化物、脂質)を減らすかトレーニング量を増やすしかない。
    10. トレーニングは週3以上(理想は週5)、たんぱく質は体重×2=●●グラムの摂取は必須項目。

 

体重・体脂肪率の変化

2021年3月からのトレーニング日記はこちら

●トレーニング最新情報(関連ブログ)はこちらへ