プライオメトリクストレーニングのメリット

プライオメトリクストレーニングのメリット

昨日はプライオメトリクストレーニングを中心にトレーニングしました。


AD

プライオメトリクストレーニングは、スポーツにおける瞬発力やスピードをあげるトレーニングです。最近ではこのトレーニングをいろいろな競技者(野球、陸上、バスケ、バレー、格闘技選手など)がやるようになりました。

このトレーニングのコツはだらだらやってはあまり意味がないので、サーキットトレーニングにして心拍数があがる回数を設定をしてやると同時に心肺機能も鍛えられると思います。

頻度は毎回やる必要はないと思いますが、定期的(週1~2)にやるだけで競技でのパフォーマンス向上が見込めると思います。私の場合はボクシングですのでパンチを打つ際の出入り(ステップイン、ステップアウト)の瞬発力、俊敏性を意識してやるようにしています。

トレーニングメニュー
※筋トレ

下半身

  • デッドリフト 10×5

  • ベンチプレス 10×5

腕(上腕三頭筋)

  • ナローベンチプレス 10×2
  • ケーブルトライセプスプレスダウン 10×3

※有酸素運動

プライオメトリクストレーニング

  • ジャンプ・プッシュアップ 30×3
  • ステップアップ 30×3
  • ブルガリアン・ジャンピングスクワット25×4
  • デブスジャンプ 20×3
  • ボックスタッチ 100
  • ボックス反復横跳び 100×2

※プライオボックス使用
プライオボックスとはトレーニングに使用するボックスです。

体重・体脂肪率の変化

2021年3月からのトレーニング日記はこちら

●トレーニング最新情報(関連ブログ)はこちらへ