糖質制限(緩)を開始して45日で体脂肪率が一桁(9.4%)に戻りました。

タンパク質60g以上の昼食

2021年1月11日から緩い糖質制限を開始して45日(1カ月半)体重-3.6kg、体脂肪率-8.9%となり体脂肪率は一桁の9.4%まで落ちました。

スタート時が肥満の人ならこのくらいは普通に落ちると思いますが、もともとBMIも標準値から短期間で体脂肪率を8%以上落とすのは結構大変でした。


AD

BMIの測定はこちら

体組成測定推移(目標体脂肪率10~11%代)

測定日 体重 体脂肪率
1/11 69.2kg 18.3%
2/24 65.6kg 9.4%

これからはこれ以上体脂肪を落とすつもりはありません。何かの大会が出場するわけでもありませんし、過去に体脂肪率5%位まで落とした際にめちゃめちゃ風邪ひきやすくなったと言うのもあります。

なので、通常生活をするうえで体脂肪率8%以下はお勧めしません。

結局、我慢じゃないだろうか

何度も体脂肪率を一桁まで落とすことをしていますが、この体を維持するにはトレーニングと食事制限は常に必要なのではないでしょうか。

普通に栄養価を見ずに好きなご飯を食べていて体脂肪率が10%以下の人っているのかな。そう考えると体脂肪一桁を維持するってのは何かの我慢が必要かなと思います。

我慢が当たり前になると苦にならないのでしょう。でも、私の場合、スイーツ好きなので結構きつい。前半の週1回のチートデイはとくに辛い。

ここからはトレーニング量は変えずに週3位のチートデイに緩めても体脂肪率は9〜11%位を維持できるかを検証していきます。また次回は体脂肪一桁+動ける体にするためのモチベーションの保ち方について書いてみたいと思います。

本日のトレーニング

下半身

  • バーベルスクワット(フルボトム)12×3
  • デットプレス10×3
  • ブルガリアンジャンピングスクワット100
  • TRXランジ

背中

  • 懸垂(14、12、10)
  • TRXローロー
  • TRXプルアップ
  • ローイング(マシン)
  • ラットプルダウン(マシン)

体重・体脂肪率の変化

2021年3月からのトレーニング日記はこちら

●トレーニング最新情報(関連ブログ)はこちらへ