約3カ月筋トレしなかったら、筋肉は3.6kg減って体脂肪が5.8kg増えた

筋トレしないとどうなるか?

スポーツジムが休業となり約3カ月間ジムへ行けなかったことで体の変化がありました。

約3カ月間、筋トレしなかったら

筋肉は3.6kgも減り、体脂肪は5.8kgも増えてしまいました。

下記の表はトレーニングしていた頃とトレーニングがほぼできなくなった3カ月後です。

体重 体脂肪率
3か月前(平均) 64.5kg 8.3%
現在 66.7kg 16.7%

AD

増えた体脂肪5.8kgをステーキで想像してもらうとわかりやすいと思います。たった3ヶ月でこの量が体内脂肪として増加したと思うとゾっとしますよね。(写真は6kgステーキ)

筋肉が脂肪へ変わるのか?

これだけ見ると、筋肉が脂肪へ変わった感がありますがそうではありません。 筋肉が脂肪へ変わることはありませんので、筋肉が落ちて脂肪が増えた のです。

筋肉が落ちた原因

大きな一つの理由にバーベルやベンチプレスなどの高負荷での筋力トレーニングをやめたからだと思います。高負荷筋トレではない自重筋トレだったとしても、毎日筋トレをやっていた人が半年間何もしなければ筋肉はかなり落ちるはずです。

筋肉が減ると体が小さくなります。
食事を不摂生していれば脂肪は増えていきます。

プロレスラーで、若い頃マッチョなレスラーが高齢になりトレーニング量が少ないことから、筋肉が落ち体が小さくなっても、腹だけはビール腹でぽっこりとでてくる選手がいます。まさにあれです。

どうすればいいか?

結局、筋肉を増やして維持するためには筋トレしかありません。
そして十分なタンパク質がとれていないならプロティンもあわせて飲むこと。次に脂肪を減らしていくには食事制限と有酸素運動が最も効果があると思います。

またたんなるダイエットではなく、スポーツパフォーマンスをあげる動ける身体にするなら下記の1~3はセットで考えるべきです。

  1. 有酸素運動(ランニング、サーキット、ジャンプトレ、スピードトレなど)
  2. 筋トレ(高負荷筋トレ、自重筋トレをバランスよく)
  3. 食事制限(チートデイを週2と設定する)

これから約1カ月で体脂肪率を5%(11.6%位)落としていきたいと思います。

 

体重・体脂肪率の変化

2021年3月からのトレーニング日記はこちら

●トレーニング最新情報(関連ブログ)はこちらへ