スピードボール(ダブルエンド)の凄腕ボクサーたち

スピードボール(ダブルエンド)の達人ボクサーたち

フロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)

50戦50勝の無敗の5階級制覇、世界一のボクサー。恐るべき反射神経。

 

ガーボンタ・デービス(アメリカ)

メイウェザーの愛弟子。1:28秒あたりからのダブルエンドの映像は神業。

 

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

パウンドフォーパウンド1位(2018.11)の天才ボクサーは、ダブルエンドでも多彩なコンビネーションをみせる。

 

ジェシー・バルガス(アメリカ)

軽快。サークリングしながら教科書のようなダブルエンドを披露。

 

マニー・パッキャオ(フィリピン)

速いハンドスピードから独特なポンポンポンポンのリズムで打つパッキャオ。

ライアン・ガーシア(アメリカ)

S・フェザー16戦16勝(13KO)2018.11時点、来年注目する選手の一人。

サウス・アルバレス(メキシコ)

カネロはどちらかと言うとハードなサンドバッグのイメージが強いですのでおまけで。

 

体重・体脂肪率の変化

2021年3月からのトレーニング日記はこちら

●トレーニング最新情報(関連ブログ)はこちらへ