ボクサー 世界王者たちの凄いトレーニング

ボクサー 世界王者たちの凄いトレーニング

競技パフォーマンスに必要な筋持久力、チーティング、プライオメトリクスと言ったトレーニングについて、世界最高峰のプロボクサーが行うトレーニング動画と共に解説致します。

 

ゲンナディ・ゴロフキン


スポンサーリンク

世界ミドル級3団体統一王者のゲンナディ・ゴロフキン。
軽量ダンベルを使用してのシャドーやプレートを使用しての腹筋などの動画です。
ボクシングのパンチを打つ際の筋持久力をあげるトレーニング。
ゴロフキンがジムでやっている基本練習なのでしょう。

 

ワシル・ロマチェンコ

世界最速の2階級王者を制覇したワシル・ロマチェンコ。他の世界チャンピオンたちが、現在、最も強いボクサーとして必ず上位に評価される天才ボクサーです。

トレーニングはチーティングから反復回数を増やし、筋持久力、瞬発力、スピードを鍛えています。チーティングは反動を使用して行う筋トレです。トレーニング=競技パフォーマンス向上と考える人にとって、チーティングは必須のトレーニングです。

 

アンソニー・ジョシュア

現WBA・IBF世界ヘビー級スーパー王者のアンソニー・ジョシュア。
プライオメトリクス・トレーニングを主に筋肉の伸張反射を利用して爆発力を生み出すトレーニングをしています。

 

●他の最新情報(関連ブログ)はこちらへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  

 


スポンサードリンク

トレーニングの種類カテゴリの最新記事