パウンドフォーパウンドTOP10(2018年4月)

パウンドフォーパウンドTOP10(2018年4月)

リングマガジン社(2018年4月8日付)

パウンドフォーパウンド(P4P)TOP10

1位 ゲンナジー・ゴロフキン
 2位 テレンス・クロフォード
 3位 ワシル・ロマチェンコ
 4位 サウル・アルバレス
 5位 ミゲル・アンヘル・ガルシア
 6位 シーサケット・ソー・ルンヴィサイ
 7位 井上 尚弥
 8位 エロール・スペンス・ジュニア
 9位 セルゲイ・コバレフ
 10位 ギレルモ・リゴンドウ

スポンサーリンク

出典元:https://www.ringtv.com/ratings/

総評

ロマチェンコ戦で途中リタイヤをしたリゴンドウが現在も10位にいるのはどうなんでしょう。また、禁止薬物の陽性反応がでたことで5/5のゴロフキン戦が欠場となった4位のアルバレスの次回順位も気になるところです。

 

 

●トレーニング最新情報(関連ブログ)はこちらへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ   

 


スポンサードリンク

ボクシングニュース(世界)カテゴリの最新記事