デオンテイ・ワイルダー対ルイス・オルティス

デオンテイ・ワイルダー対ルイス・オルティス
いきなりですが、この試合2018年のベストバウトです。
2017年のベストバウトが、今回と同じ世界ヘビー級タイトルマッチのジョシュアvsクリチコでしたので、今、ヘビー級の試合が面白いのです。

2018.03.03(米ニューヨーク バークレイズセンター)
WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
デオンテイ・ワイルダー(米国)対ルイス・オルティス(キューバ)

この試合の図式は、「テクニックのオルティス」と「長いリーチからぶん回す強打のワイルダー」です。当然、どちらもKOできるパンチをもっています。

オルティスの戦略


スポンサーリンク

ワイルダーと言えば、めちゃくちゃなボクシングで無茶苦茶強いフィジカルモンスターです。しかし、今回の試合はオルティスがワイルダーに対してかなり研究していたように感じました。

オーソドックのワイルダーに対してサウスポーのオルティスは、試合前半から右へサークリングしながらワイルダーの大きい右をかわす動きを徹底します。さらに大きく振って来たワイルダーのパンチにカウンターをあわせると言う攻撃パターン。

デオンテイ・ワイルダー(米国)対ルイス・オルティス(キューバ)

また、オルティスは、時よりモハメド・アリのようなステップワーク(アリ・シャッフル)を使い、ワイルダーとの距離を保つ。

※アリシャッフルとは
相手を前にしてリズミカルに軽く前後にステップを踏む動き。 モハメド・アリがやっていたことからこの名前がつきました

当初の予想では、早いラウンドでワイルダーがオルティスを仕留めるのではないかと思いましたが、この戦略を功を奏し、ワイルダーはオルティスを攻め切れません。

7ラウンドの攻防

まさかの展開が訪れます。ついにワイルダー神話崩壊か?オルティスの右のカウンターがワイルダーをとらえました。ここからは下記の動画をご覧ください。

結果は書きませんが、やっぱり、盛り上がる試合は一方的な展開ではなく、どちらが勝つかわからない試合が面白いと感じました。

※動画は7ラウンドから再生します

 

 

●他のボクシング最新情報(関連ブログ)はこちらへ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   

 

写真引用元:BoxingScene


スポンサードリンク

ボクシングニュース(世界)カテゴリの最新記事